読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「生活のつぶやき」

謂わば「生活のつぶやき」とでもいったようなもの

【メルカリ】フリマアプリで不用品の処分

メルカリ

不用品の処分方法の1つとしてフリマアプリ(メルカリ)を利用しています。

今まで捨てていたもの(企業のノベルティや不要になった服)が割と売れていくので、捨てる罪悪感もなく小銭も稼げて一石二鳥。捨てる神あれば拾う神ありとはまさにこのこと…。出品時に少し手間をかけるだけ(市場調査、魅力的な文章作成&写真撮影等)で売却率が大きく上がるのも、なかなか良い。(そういう意味で購入者は素直なのだ…)ただ、不用品処分のために大きな負担やストレスを感じるのはイヤなので、ある程度≪メルカリ利用時の仕組み≫を作っています。(一度売れる仕組みを整えておけば、あとはアレコレ考えずそれに沿って出品していくだけで良いのでストレスフリー)

 

・自己紹介文はある程度練り上げて作っておく(自己紹介文は出品者を判断する大きな材料の1つなので、ここの文章が上手な人は大体売却率が高い)

・出品する際の文章の組立て方もある程度定型化しておく(文章作成時に迷わないので出品時のストレスがない)

・値下げ交渉された時の返信内容も決めておく(例:値下げしない場合は「今はこちらの価格でご購入いただける方をお探ししています♡よろしくお願いします」の文言一択)

・商品が購入された時&発送した際のコメントも定型化する。また、発送時に同送するメッセージカードの文章も定型化。

・出品したいと思ったモノはひとまずメモ帳に書く。その後、時間がある時にメモ帳を見て出品予定物の文章を考えたり市場調査したりする。(すきま時間でちょこちょこ準備していけば出品時の負担が少ない)

・出品したモノは所定のBOXで一括管理。(落札された時の「アレどこだっけ…」がない)

・出品後2週間売れなかったら再出品→2~3度繰り返しても売れなかったら潔く廃棄。

・一度出品したらアクション(コメントや落札)があるまで(または2週間経つまで)放っておく(「売れるかな?」なんて気にするといちいちストレスたまるので)

 などなど…

 

出品時、出荷時のわたしルール(仕組み)等についてはまた改めて。