読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「生活のつぶやき」

謂わば「生活のつぶやき」とでもいったようなもの

『2人だけの世界』(YUKI/「まばたき」収録)考察(のつもりが、暗い思い出語になりました)

オタク(雑)

私の音楽の楽しみ方ってとても乱暴で、音源をウォークマンに突っ込んで、あとは何回も何回も気に入ったアルバム・曲をイヤホンに流し続けるだけ。CD自体はイソイソとお部屋に飾って喜んだりしますが、歌詞カードとか滅多に見ません。曲情報(作曲者編曲者等)見ないどころかヒドいことに曲名すらあんまり分かっていなかったりします。おまけに音楽雑誌も読まないからアーティストがインタビューで語る曲の背景的なものも知らない。

そんな私なので、本当はその曲がどういったメッセージ性を持っているのかとか何も知らないんですが、YUKIのnewアルバム「まばたき」に収録されている『2人だけの世界』という曲を聴いたら昔恋人と別れた日を思い出してスンゴク悲しくなったので今日はその思い出をお焚き上げしようと思いここに来ました。元々は私なりの曲の解釈について書きたかったんですけど、読み直したらただの辛く恥ずかしい懺悔みたいなヤツになっていたんですよ…。(ここまで一息)

 

さて、恋人と別れた日を思い出して、と書きましたが、私はこの曲を恋人との別れの曲だと勝手に思っています。もうそれは冒頭の歌詞で確信しましたのでまずそれを書きますね。

 

髪型変えたね 似合ってる すごく 

気付かないふり わざとしていただけなんだよ

ウワーーン!!思い出してしまう…恋人との関係について悩み、もうこのままじゃムリだ私たち別れなきゃ、と思いながらどうしても踏ん切りが付かず毎日泣いて考えて暮らした日々…。とにかく少し距離を置こうということになって数ヶ月恋人と会わなかった時期があったんですけど、とうとう、別れる決意をして、久し振りに彼に連絡を取って、会うことになった日。会うのが久し振りだったこともあり、彼は髪型とか持ち物とかちょっとしたことが前会った時と変わっていたんですね。「いいね」と言おうとしたんですけど、この後私この人と別れ話をするんだと思うとどうしても口が開かなくなってしまって、それに何か言葉を言おうとするとウッカリ涙が出てしまいそうだし結局気付かないフリして何も言えなかった…という、あの時の自分がこの歌詞で思い出されました。エッ?全然そんなこと歌ってないじゃん?って感じですけどとにかく私は思い出してもうこれは絶対に別れの歌なんだツライ泣きそう…ってなったんでした。今も泣いてます。

 

結局会って数時間も経ってからやっと別れ話を喉から絞り出して、彼はそれを穏やかに受け入れてくれて(少なくともそう見えた)、そうして最後に駅の改札まで送ってくれたんですけど、改札を通る時、ふと、ああこの改札を通ってしまったら最後この先彼と会うことはきっとなくて、改札を隔てて立つ私たちはもう本当に恋人じゃなくなってしまうんだ…と考えてしまいメチャクチャ心が苦しくなりました。

 

改札素早く通り抜けろ 2人のルールで

改札を通り抜けたらこの恋が終わるという私たちにしか分からない感覚は、まさしく改札を通り抜ける時に発生する“2人のルール”でした。ちなみにこれは完全に余談ですけど、そんな経緯があったため私にとってメトロ日比谷線秋葉原駅改札はこの世のトップで辛い思い出の場所ですしアンティ・アンズのあの駅を包み込むような甘ったるい匂いはトラウマです。(※今調べたら秋葉原のアンティ・アンズ結構前に閉店してました。歌詞での意味合いとは異なるけれど、何らかの思い出の場所がなくなるという意味においては“友&愛が閉店するってさ デートの場所が またひとつ無くなっちゃうよね”に通じるところがありますね。エッない?)

 

…そういやYUKIって「改札」というワード、色んな曲で使うよねぇ。

改札通り抜ける5秒前 (笑いとばせ)

地下鉄の改札口に君によく似ている背中見つけた (ミス・イエスタデイ)

 

話が逸れたので元に戻ります。女子会でテッパンなのは恋の話ですが、私はこのテの話が基本的に苦手です。大好き人と一生懸命築きあげる2人だけの世界のこと、それから精一杯努力したんだけどどうしてもダメだったこととかは、当事者である2人だけが分かっていればそれで十分だと思っているから。(あと、オタクなのでそれよりも先に話したいことが沢山あるからです。)だから、“2人だけの世界誰にも 触らせない”という歌詞には分かりみが詰まり過ぎていて泣きました。(情緒不安定)

2人だけの世界誰にも 触らせない

その瞳に映っていた私は 私も知らない

あなただけが知ってくれている

 

…あの時を思い出して涙目になりながらなんとかここまでお焚き上げしてはみたんですが、いよいよ頭が痛くなってきたのでスミマセンがこの辺で打ち切ろうかと思います。なお、こんな泣き腫らした目で言えたことじゃないんですが、結局この別れた人とは数年後にまた再会しました。今の夫です。しかし今でも当時のことは私にとって人生イチのツラい出来事で地雷です。JUDY AND MARYに言葉を借りると“2度となおらないカゼをひいた”(LOLLIPOP)。

 

最後に、エッこのフレーズとこのフレーズ同じ曲に詰め込んじゃう?!ンも~だからYUKIの紡ぐ言葉ったらやめられないんだよおおお(大好き)ってなった歌詞を打たせてください。これ、終わった恋を振り返って言ってる言葉だと考えると(妄想)、尚のこと意味が深い。

失くしたもの ここじゃないどこかで見つかるから

失くしたもの見つからなくても かまやしないの

 

…あ、この手法はあの曲を彷彿とさせますね、JOY。

誰かを愛すことなんて 本当はとても簡単だ

誰かを愛すことなんて 時々とても困難だ